スポンサーリンク

間宮祥太朗さん出演「必殺仕事人2018」をTverで観る

間宮祥太朗

見逃し無料動画配信サイトのTverにて現在無料配信されている、スペシャルドラマ「必殺仕事人 2018」を観ました。

当時も観ていたのですが、間宮祥太朗さんのファンになったので改めてきちんと雀蓮役を見ておきたいなと思って再見。

ところどころ忘れているところもあり、とても楽しく拝見しました。

スポンサーリンク

必殺仕事人2018

必殺仕事人2018は、大ボス(?)に奥田英二さん、奥田さんの理想に自分の人生をささげ教え子たちを送り込む黒木瞳さん、大ボスの一番弟子(違う?)に間宮祥太朗さん、大ボスの理想のために自分を犠牲にする子供たちの中の一人に清原果耶さんがキャスティングされています。

大ボスは理想の日本をつくるのだとか何とか言って、純粋な子どもたちの命を犠牲に(焙烙玉を背負わせて罪のない人々が集まる場所でテロを起こさせる)しながら、実はお金にしか興味がない悪党です。

間宮くん演じる一番弟子の「雀蓮」はそのことにうすうす気づいているのですが、大ボスに心酔している黒木瞳さん演じる恵まれない子供たちを世話をしている「すずらん」はそのことに気付いていません。

自分が世話をしている子どもたちの中から、この世の中を変えたい、変えようという強い意志を持つものを大ボスの元に送り込み、戦士(的な……)に仕立て上げています。

結局最後はすずらんは大ボスに裏切られ、殺されてしまいます。そして、悪党たち(大ボス&雀蓮)は仕事人に始末されるというお決まりのパターンなのですが……。

雀蓮、3人がかりで殺られる(笑)。少し前にTOKIOカケルに出演していた時にも話に出ていましたっけ?それとも別のところで耳にしたのかな?とにかく雀蓮はエンケンさん、松岡くん、知念くんの3人がかりで殺られます。

始末しなければならない敵方が少なかったこともありますが、ある意味贅沢な……(笑)。

そして大ボスは、ヒガシ演じる渡辺さんが1人で始末します。

この回を見返していて「あぁ!そうだった!」と思ったのが、渡辺さんの幼少期の悲しい過去が判明した、必殺仕事人としては結構重要な回だったよなということ。実は渡辺さんは過去に、両親を奥田英二演じる大ボスに殺されていたのです。

なんでも、町内のみんなのお金をまとめて預かっていたところ、島流しにされていたのに泳いで逃げてきた昔の大ボスに盗みに入られ、お金をとられた上に殺されてしまいます。その時、幼かった渡辺さんは、両親に言われ台所の床下収納のように床をパカっと開けて床下に隠れていました。

両親が殺された様子を床を持ち上げて床下から覗き、両親を殺した憎き相手をその時に見ていたのです。

後々、今回の大ボスが両親の仇だと知って何とか恨みを晴らしたいと思っていたものの、頼み人がいない状態で殺害するため「とうとう自分もただの人殺しだな」思っていたところ、事のいきさつを渡辺さんから聴いた中村さん(元祖 必殺仕事人の中村主水=藤田まことさんの過去映像と合成)がお金を出して頼み人になってくれました。

これで晴れて仕事として大ボスを始末することができた渡辺さん。始末する直前に大ボスは、「過去に子どもを見逃したことがある。そんな仏心を持った自分を、あなたの仏心で助けてくれ」と言うのですが、その相手が渡辺さんであったことがわかり始末されるという流れです。

いやぁ。必殺ファン(ってほどでもないですが、中村主水の時代から必殺仕事人はよく見ていた)としてはすごく良いシーン(って言っていいのかしら?)でした。と言う割には、今回再見するまで忘れてたけど(笑)。

間宮くんに関しては、そうだった!そうだった!雀蓮ってこんな役だった!と言う感じ。当時見てはいたけれど、元々有名人の顔を覚えるのが苦手でその上時代劇の扮装をしていたので、後々別のところで見ても結びつかなかったようです。

でも、はっきりとした顔つき(ツダマンの世界では「顔が崖」とか言われてましたね)なので、日本物のお衣装が良くお似合いで。また、傾奇者って感じの格好でも着られている感がなく、どっしりした感じが良かったです。

観たことはあるはずなんだけど……と思っていた作品ですが、改めて雀蓮をきっちり「間宮祥太朗」として見られてラッキーでした!Tverさん、ありがとうございました!(必殺仕事人以外にも、Tverさんには多々お世話になっております)

来年の必殺仕事人も楽しみ~♪

今回のTverでの無料配信は、2023年のお正月に放送される必殺仕事人の宣伝活動(?)の一環のようです。ブログを書いている2022年12月11日時点では終了時期は未定となっていますが、気になる方はお早めに。そして、2018年だけではなく、2019年、2020年、2022年の必殺仕事人も見られるようです。

それにしてもアレですね。ヒガシは笑うとなんともかわいい顔をしていますね。年上の男性にこんなことを言うのも失礼ですが、ヒガシが年齢を重ねてから特にそう感じることが増えました。

そういえば坂本くんも舞台「フランケンシュタイン」で共演した時に、クリーチャー(怪人)で顔に特殊メイクを施しているのにも関わらず、「きれいな顔だな」と見入ってしまったと言っていたような気がします。

必殺仕事人って主人公が正義ではないところが珍しくて好きでしたが、中村さんから渡辺さんに代わってもその感じがしっかり引き継がれているのがとても気に入っております。来年は1月8日の放送で、なんと「鬼面風邪(きめんかぜ)」という流行り病がテーマになっているようです。

しかもその「鬼面風邪(きめんかぜ)」、仕事人の誰かにも降りかかるのだとか……。う~む、仕事人の皆様どうかご無事で!敵方ゲストはまだ発表されていませんが、次回の放送も楽しみにしています。

それにしても、公式Twitterのハッシュタグ #さらば仕事人 がめちゃくちゃ気になるのですが……終わらないでほしい。。。(もしかすると、また主役が変わっちゃうのかなぁ?)

間宮くんのことを書いていたはずなのに、最後は話が大きくそれてしまった(笑)。ま、いっか。

タイトルとURLをコピーしました