スポンサーリンク

中村倫也さん出演映画「ウエディング・ハイ」を見た感想

中村倫也

昨年末の話になるのですが、WOWOWで放送・オンデマンド配信されていた映画「ウエディング・ハイ」を見ました。もちろん今一番のお気に入り、中村倫也さんが出演しているからです。篠原涼子さんも好き!

では、映画「ウエディング・ハイ」を見た感想を、なかむらさん中心に記録しておこうと思います。

スポンサーリンク

映画「ウエディング・ハイ」をWOWOWで見た

映画「ウェディング・ハイ」は、2022年3月12日に公開されました。今回のWOWOWが初放送になるのかな?ファンになる前の作品でノーチェックだったので、観られてラッキーでした!

映画「ウェディング・ハイ」のざっくりとしたあらすじ

映画「ウェディング・ハイ」は、脚本をバカリズムさん監督を大九明子さん主演を篠原涼子さんが務める映画です。

上の画像にある通り、絶対にNOと言わないウェディングプランナーである中越真帆(=篠原さん)が、曲者ぞろいの披露宴をなんとか無事成功させるために奮闘するお話。

異様に長いスピーチ、微妙な披露宴映像、数々の出し物。時間が押してしまい、何かをあきらめなければならないかも?!となるのですが、出し物を何一つ削ることなく無事披露宴は終了しました。

最初は、披露宴はしなくても良いと思いながらも、遥との摩擦を避けるために協力的にふるまっていた新郎石川彰人(=中村倫也さん)ですが、中越をはじめとするスタッフたちの頑張りで無事披露宴を終えた後は披露宴をやってよかったと心から思い、中越に感謝を伝えます。

参列者も当事者も大満足の披露宴が終わり、大団円で幕を閉じる……かと思ったのですが……

物語は披露宴だけにとどまらず、新婦新田遥(=関水渚さん)を披露宴会場からかっこよく連れ去ろうと画策する元カレ八代裕也(=岩田剛典さん)ご祝儀泥棒を企む澤田紀昭(=向井理さん)なども登場して、時間経過が前後しながら披露宴中に会場外で起こったストーリーも登場します。

最後、元カレ(&たまたま話の流れで披露宴に呼ぶことになったバーのマスター村木武史(=宮尾俊太郎さん)の奮闘で無事ご祝儀泥棒がつかまり、本当のハッピーエンドで終わりました。

個性的な出演者たち

披露宴に参列するのは新郎新婦の親族はもちろん、上司、友達、恩師、後輩などなど。スピーチや出し物、動画制作を依頼しているのですが、みんな力を入れすぎて時間が押しまくります。

実際に披露宴に出席していない私でも楽しめるスピーチ&出し物だったのですが、声を出して笑ってしまったのが新郎の後輩相馬慎治(=中尾明慶さん)が作った独特過ぎる披露宴映像。参列者もドン引きになるのかと思いきや拍手喝采で、中には涙する人たちも。新郎新婦も満足そうで……そこがかなり笑えました

あとは、彰人が友人に披露宴での出し物をお願いするためにバーで飲むのですが、そのお店のマスター(友人の1人の中学時代の先輩)がなぜか披露宴に参列する気満々で、話の流れ上断り切れずに披露宴に呼ぶことに。最終的にご祝儀泥棒をお縄にした(文字通り、カウボーイよろしく縄を投げてとっ捕まえた)のがこのバーのマスターだったというのも面白かったです。

映画全体の感想は力を抜いて楽しめる作品

↑見終わった直後の感想。

ウェディング・ハイというタイトルなので、結婚式に向かって幸せいっぱいで周りが見えない新婦さんが出てくるのかと思いきやそうではありませんでした。参列者を気遣いつつ、それでいて一生に一度の披露宴を素敵に演出したいという女性と、本音では披露宴には全く興味がないものの、後々の結婚生活を考えたときに喧嘩の種になるようなことだけは避けたいと協力的な振りをする新郎の話です。

前述の通り曲者ぞろいの参列者のあれこれはもちろん、途中披露宴会場で「幕が揺れてる。はは~ん。例の彼が侵入したのね?」とか、「え?今○○さん入ってこなかった?」とか、「〇〇さんのズボン丈、妙に短くない?ルパンもびっくりだわ」とかいろんな不思議と、たまたま偶然だと思っていたことが後々重要だったりする感じで、最終的には伏線が全て回収されるので気持ちよく見終わりました。

ツイッターにも書きましたが、最初だけ独特な手法(?)で表現されていたので少しだけ長く感じたけれど、途中からはスピード感もあり、声を出して笑うところもありでとても楽しめました。

中村倫也さん演じる石川彰人はザ・普通の人

なかむらさん演じる彰人さんは、ほんとうにどこにでもいそうな……と言うと語弊があるかもしれませんが、結婚を控えた一般的な男性でした。その一般的な男性を、心情含めとってもナチュラルに演じられていて、さすがだなーと思いました。

どこにでもいそうな普通の人って、どうやって演じればいいんですかね?模範解答のような……。それでいて、あの個性的なメンツの中でともすれば印象が薄くなってしまいそうな役柄でありながら、見終わった後にしっかり印象に残っているのが素晴らしかったです。

ほんとうに、「普通に良い彼」(普通ってなんだ?って話ですが、結婚を控える男性の統計をとった平均値的な?)を人物にしたかのような彼でした(笑)

映画「ウェディング・ハイ」面白かったです!

結婚式はやらなくてもいいやなんて思いながら、最終的には素晴らしい披露宴を終えてちゃっかり自撮りしてる新郎。こういうところも、「いそう、いそう!」だし「あるある」だと思います。

披露宴を終えた後、ひとり屋外の木製ブランコに腰かけて休憩するウェディングプランナー中越真帆の心の声も良かった。え?そうなの??って驚いたけど、でもあるよねそういうことってと納得できる。この辺りも、バカリズムさんの感性なんだろうな。

想像していた映画とは違ったのですが、披露宴と披露宴が行われている間の会場外での出来事で2倍楽しめた映画でした。録画したのでまたじっくり見ようと思います!

タイトルとURLをコピーしました