ファンになったきかっかけ、それはほんのささいなことだった……?!

公開日: : 最終更新日:2018/05/04 V6, ジャニーズ

DSC 1298 500x281 ファンになったきかっかけ、それはほんのささいなことだった……?!

それはほんのささいなことがきっかけだった……。

 

前回、私が元担の担降りをしたきっかけと理由を書きましたが(こちらの記事)、今回は今の担当である坂本昌行さんのファンになったきっかけをツラツラと書いてみようと思います。

 

ほんとうにね、それはささいなきっかけだったんだよ。多分。

でもブログで坂本くんの舞台やライブの感想を書いておきながら、ファンになったきっかけを書いていなかったなぁ……と思って、一度自分を振り返るためにも書いておきたいと思っていました。

そう、自分で振り返るために、2018年4月下旬時点での坂本くんへの思いを書き残しておこうと思います。

 

スポンサードリンク

出会いは少年倶楽部プレミアムだった

前回のブログに書いていた通り、KinKiの光一くんファンだった私。

そのころTOKIOの太一くんが司会を務める、少年倶楽部プレミアムという番組が始まりました。

基本的にはキンキもしくは光一ソロにしか興味が無かったのですが、若いジャニーズよりも大人のジャニーズの方が好きだったこともあり、少クラプレミアムは欠かさずチェックするようになりました。

当然、トークゲストにでた坂本くんの回も見ましたが、この時点ではさほど興味がわかず

ただ、平家派という昔話で盛り上がる彼らを見て、なんか面白そうなグループだなと思ったことは確かです。

平家派が復活した!

興味を持つまでは行かなかったものの、なんとなく「平家派」という響きが心に残っていました。

そんなある日、なんと!平家派が復活を果たしたのです。

メンバーはご存知TOKIOの上3人と、V6の上3人。

お世辞にもスター性に満ち溢れているとはいいがたいメンバーですが、積み重ねた月日とさまざまな経験がキラリと光るメンバーです。

少クラでの平家派特集は私をにし、次第に彼らの特集を楽しみにしている自分がいました。

平家派ファーストコンサート

そんなある日、あの平家派がファーストコンサートを行うというニュースが飛び込んできました。

メンバーの、もしくはメンバーが在籍するグループのファンというわけではなかったのですが、平家派のコンサートが見たいという一心で申し込み。

あえなく落選

後日放送された、ファーストコンサートの様子は当然DVDに録画。

ディスクに焼くヒマもなく、何度も何度も繰り返し見ました。

ら……見過ぎてデーターが壊れました(´;ω;`)ウッ…

い、い、いいもん。

私の脳内では再生され続けるもん!!

V6はニガテだった

さて、時計の針を少し戻してみましょう。

大人になってKinKiにハマるまではジャニーズに全く興味が無かったからといっても、当然ながらV6の存在は知っていました。

た・だ・し!

私はV6が苦手でした。

というか、はっきりいってキライでした。

何故ならヤンキーっぽい人がいるから。

そう、坂本昌行&森田剛という、とてつもなくヤンチャそうな2人が在籍するグループはちょっとイヤだったんですよね。

(と、これを書いていて、表面的にはやんちゃのやの字も見せないキンキのファンになった自分の好みが今さらわかったような気がする)

実際には怖い人たちではなかったのですが、当時の私が上っ面だけを見た感じた彼らは、とてもじゃないけど好きなタイプではなかったのです。

ガコイコの全盛期にちょうど一人暮らしをしていたこともあり、学校へ行こう!もほとんど見たことがありませんでした。

(見ていたら、ヤンキー兄ちゃんとは思わなかったかも……いや、思ったかな?)

坂本昌行は仕事ができる!

キンキのファンになってからも、V6に関してはあまりいいイメージを持っていはいませんでした。

ところが平家派の特集を見れば見るほど、いい人達だなぁ。苦労したのね。芸能活動を続けて良かったねぇ。と思えるようになっていたのです。

因みに鉄腕ダッシュはずっと見ていたのでTOKIOは私の中ではもともと好感度が高く、TOKIOの上3人にも好感を持っておりました。

で、ですよ。

平家派ファーストコンサートのリハーサルで気になる存在が!

話を平家派ファーストコンサートに戻しまして……。

放送日を心待ちにして、放送された後は毎日のように見返した平家派ファーストコンサート。

(もしかするとこのときすでにファンになりかけていたのかも)

コンサートだけではなく、途中にちょくちょく挟まれるリハーサルの様子も興味津々でした。

その様子を見ていて気付いたのですが……

坂本昌行は仕事ができる男!

他のお仕事の都合で遅れてきても、ダンスの振り付けをササッと覚えてそれはそれは美しい型で踊る。

軽めの振り確認のようなシーンでも、とにかくカタチがうつくしい

太一くんの「ちょっと変えていい?」の歌の変更にも、なんなく対応(これはトニセンみんなか。)

アイドル(っていう目では見てないかもだけど)にとっての本業は、

歌・ダンス・お芝居

だと思っている私。

平家派ファーストコンサートでは芝居はありませんでしたが、ダンス両方ができる(うまい)ところにほんのりと惹かれていたのかもしれません。

そう、私は仕事ができる人が好きなんです!

お笑いの人ならしゃべりで笑いをとれる人が、歌手なら歌が上手い人が、アイドルなら歌・ダンス・芝居(自担に関しては映像の演技に関してはそこまでウマいとは感じなかったりもするような気が……でも舞台での演技は超絶最高だと思っています)が上手な人が好きなんです!

あ、もしかしたらアイドルの本業は、歌でもダンスでもお芝居でもなく、

キラキラ感だよ?

という人もいるかもしれませんね。

その方にとっては、キラキラ感がもっとも重視することでありアイドルの本業なのでしょう。

話はそれましたが、その時のビジュアルも好きだったんだと思います。

今でも坂本くんのひげパーマは大好物ですし。

誰でもいいからとにかく見たい!

ハッキリとは覚えていませんが、確か平家派ファーストコンサートを見た後の事だったと記憶しています。

平家派いいなぁ♡

とすっかりはまっていた私は、もともと舞台鑑賞(とくにミュージカル)が好きだったこともあり、誰でもいいからとにかく平家派のメンバーの舞台が見たいなぁ。と思うようになっていました。

ちょうどそのころ、私が利用しているクレジットカードの先行発売で、ゾロ・ザ・ミュージカルのチケット先行発売のお知らせがやってきました。

「うん、坂本くんか。悪くないね。申し込もう!」

(↑今となってはこのタイミングに感謝だ!)

ほんと、こういっては何ですが、ほんと誰でも良かったんですよ。

でもね、でも、もしかするとこのとき見に行った舞台が坂本くんの舞台じゃなければ

「あぁ、楽しかったな」

と感じただけで、その人のファンにはなっていなかったのかもしれない。

そんな風に思います。

え?こんなにカッコイイ人だったっけ?

ゾロ・ザ・ミュージカルを観に行って驚いたのは、

「え?坂本くんってこんなにかっこよかったの?」

ということ。

3階席から引きで観たそのスタイルは、本当に完璧でした。

外人の役にも無理がない!

どっちかっていうともともとあまり好きなタイプの顔ではなかったので、引きで観たことでスタイルのよさが引き立っていたのかも。

(今でも写真を買う時にはかなり厳選するので、私の中で坂本くんの「好きな顔」と「そうでもない顔」(←失礼!)は、はっきりと分かれているようです。)

歌もよし、ダンスもよし、お芝居もよし。

仕事ができる男、坂本昌行。

実はスタイルがよくてカッコイイことと、歌うまいんだね~ダンスうまいんだね~芝居いいね~舞台できるんだね~(←無知って怖い!)なんて驚きが大きすぎて、ストーリーはいまいち覚えていません。

でもね、どこから目線なんだって話なんだけど、すごく感心した。

すごくびっくりして、すごく感心した。

ゾロの後はしばらく忘れていた(笑)

ゾロのあと、坂本くん結構いいね♡なんて家族にも言いふらして(ゾロを一緒に見に行った)、坂本くん熱が一気に高まるかとおもいきや!!!

なぜかしばらく忘れていた

というか、ふつうに仕事して、キンキコンに参加して、光ちゃんのソロコンに参加してたら時が過ぎたんだろうね。

でも、その間も平家派の特集があればしっかりチェックしていたし、少クラプレミアムの平家派特集はとてもとても楽しみにしていました。

だから残念ながら、「MY ONE AND ONLY」全く知らないんですよ。

もうね、何て言っていいか……ほんと残念。。。。

坂本くんのファンになる!

ゾロで墜ちたかと思いきや、そのあと一旦忘れるって言うね。

しかも、ゾロかっこいい!とか言ってたくせに、忘れるって言うね。

でも厳密に言うと、平家派の特集は見ていたので忘れていたわけじゃないんですよね。

当日券でフラリと見に行ったシルバースプーンに映る月

ゾロから約2年後。

何きっかけで知ったのか(少クラかなぁ?)坂本くんの舞台が行われることを知りました。

スケジュール的にもタイミングが合ったので、フラリと出かけて当日券で観劇しました。

当日券を獲得した顛末はこのブログ記事の後半に書いていますが、ありがたいことに前から5列目のセンターブロックで拝見して………

すっかり坂本くんの舞台のファンになってしまいました。

もともとミュージカルが好きということもあったのですが、彼が演じる役がとても魅力的だったんですよね。

表現が難しいのですが、坂本くん本人のファンになるというよりも「彼が演じる役」を好きになるという感じ。

でもそれは役や脚本がいいからだけじゃなくて、坂本くんが演じるからこそこうなるわけで……

ようするにざっくりいうと坂本くんの舞台のファンになったんです。

フランケンシュタインは初めての遠征

Endless SHOCK が帝劇でしか行われていないころから観に行っていたので、遠征に対するハードルは非常に低く。

フランケンシュタインがグローブ座で行われると知ったとき、迷わず見に行くことを決めました。

ファンクラブには入っていなかったので、一般発売の日に気合を入れてチケットを確保。

ヒガシとのWキャストだったので、クリーチャーと博士を1回ずつ

今、こうやって振り返っていて思うんだけど……

もしかするとこれで墜ちたのかなぁ?

坂本くんのクリーチャーを見た時の衝撃ったらなかった!

ほのぼのストーリーではないのに、ホッとするような笑えるシーンもあって、まるで赤ちゃんが大人になる過程を見ているみたい。

決していい結末ではなかったけれど、とにかくその演技に圧倒されました。

このときのワイドショーが残っているということは、2013年の年末には結構ファンになっていたんだなぁ。

たしか2014年の2月まではキンキのFC期限があったので、期限が切れてからV6のFCに入ろうと思っていましたような気がします。

が!

結局、時期重なってもよくね?(そりゃそーだ)と思って、グローブ座観劇のあとにV6のFCに入会しました。

坂本くん→トニセン→V6

いよいよV6のファンクラブの入会も済ませ、キンキの、そして光ちゃんのファンではなく「自担は坂本昌行です!」という生活が始まりました。

ファン友がいるわけではないので、誰に宣言したわけでもないけれど。

(ひとつ前のブログにも書いた通り、それはそれは心境的にはスムーズな移行でした(笑))

ここまでの流れをササッとまとめると……

平家派を見て……

坂本くんが気になって……

坂本くんの舞台を見て……

坂本くんのファンになって……

という具合。

ハッキリ言ってファンクラブに入った当初は、カミセンには全く興味がなかったんです。

坂本くんとトニセンは好き~♡

カミセンはふつう~☆

みたいな。

そう、決して嫌いじゃないけれど、ふつうなんですよふつう

それが、何年か坂本くんのファンでいるうちに、V6全体のファンになったというワケです。

でも、突き詰めると?

先ほどの文章で、めでたし、めでたし。

と、終わることもできたのですが、もう少し気持ちを掘り下げてみようと思います。

自分の中で漠然とした思いであっても、こうやって文字にすることでハッキリと見えてくる感情があるのでね。

坂本くん→トニセン→V6→そして……!?

平家派に興味を持つことで、

坂本くん→トニセン→V6と長い時間をかけて、徐々に徐々にグループのファンになっていった私。

では、V6メンバーみんなの個人活動に興味を持っているのかと言われれば、正直なところそれはNOです。

もともと舞台を見るのは好きなので、メンバーが舞台に出演すれば見に行きたいと思います。

坂本くんの舞台なら、上演地域・内容問わず。できれば最低2回は見たいという気持ち。

その他のメンバーの舞台は、内容重視で選びます。

さらに、上演地域によっては断念することもあるかも。

たとえば滝沢歌舞伎健くんが出る場合。

タッキーには好感を持っているし前回見た時もとても楽しかったので、健くんが出る滝沢歌舞伎は新幹線に乗ってでも見に行きたいです。

ただし、外部の舞台の場合は、内容と上演地域によりけりです。

ちなみに、「ほっとけない魔女たち」「トットちゃん」などのドラマは見ますが、「みんなの手話」は見ていません。

 

長野くんのフォーエバープラッドは、楽しくて最後にホロリとくる作品。

あらすじに惹かれたので、ファンクラブに入る前に当日券で見に行きました。

そしてファンクラブに入ってから再演されたので、FCで申し込んで見に行きました。

が、新幹線移動を伴う移動だったとすれば……う~ん迷うかもしれません。

車で行ける場所ならどんなに遠くても行くと思います笑。

テレビに関しては、ファームも魔法のレストランもほぼ見ていません。(ごくたまにたまたまテレビがついてたら見る程度)。

よじごじは、残念ながら放送地域ではありません。

 

剛くんの舞台に関しては、剛くんの演技が大好きなので観たいのですが、あらすじを読むとあまり好きそうじゃないなと感じる演目が多く……。

正直、いくつか申し込みもせずに見送ったものがあります。

実際に見たのは、「ビニールの月」(新幹線移動を伴う遠征でした)だけです。

はじめてみる剛君の舞台……登場した瞬間の存在感に圧倒されたことを覚えています!

やっぱりすごいや。

「すべての四月のために」は、新幹線に乗らなくても見に行ける距離だったので申し込みましたが落選しました。

ファンになってからはドラマはすべて見ています。

そのたびに、やっぱすごいなこの人と感じます。

特に感動したのが、「ハロー張りネズミ」の国村隼さんとの回。

久しぶりにドラマで泣きました。。。

 

いのっちの舞台は、ファンになってからはまだ、トニセンの舞台しかなかったので当然見に行きました。

今後、トニセンではなく個人のお仕事でいのっちの舞台があるとすれば、余程の事情がないかぎり申し込む予定です。

トニセン以外とやるいのっちの舞台を見たことがないから、一度は見てみたい

その後行くかどうかは、はじめてみた時の感想演目次第です。←

ちなみにご卒業されましたが、「あさイチ」は家族が録画してみていたのでたまに見かけていた程度。

毎日チェックしていた!ということはありません。

 

岡田くんに関しては、舞台をすることがなさそうなので見に行くも行かないもありませんが、V6のファンになってからの映画基本的にはすべて見に行っていました(と思う)。

ただし、以前このブログにも少し書きましたが、最近彼の映画に関しては食傷気味なので関ケ原は欠席

次の散り椿も多分行かないと思います(侍モノだもんな~)。

ドラマに出演されたら必ずチェックすると思います。

 

 

と、メンバーに関してはこんな具合。

これでV6ファンと言えるのかどうかは……不明(笑)。

(アメジパもワンディッシュも放送されない地域だから、坂本くんのテレビも見られてないけどな!)

彼ありきのグループなのです

光ちゃんのファンだったときもそうであったように、私の場合V6ありきの自担ではなく、自担:坂本昌行ありきのV6なのです。

ありえないことだとは思いますが、「彼がいないV6」ファンを名乗ることはないと思います。

坂本くんがいなけりゃ、V6への気持ちはしゅるしゅるとしぼんでいくだろうなぁ。

自担が嫌いになったけど、グループのことが好きだからファンは降りられない

という人もたくさんいると思いますしそれも理解できますが、私に関しては自担を嫌いになったのならグループのファンでいる必要性はありません。

自担至上主義?

なんだろね。

これもキンキのファンだったころからそうだったのですが、メンバーに対する思いは

「私の大切な人が大切にしている人だから大切」

そんな感じなんです。

わかりますでしょうか……汗?

私が大切な坂本くんが、とっても大切にしているメンバー

だから私にとっても大切なメンバーなのです。

ということです。

だから、理由もなく文句を言うつもりもありませんし(個人的におかしいと感じたことはおかしいというけれど)、興味がないのにわざわざ動向をチェックして文句をいうようなアンリ―のことは理解できませんし嫌いです(←たまにいますよね、こういう人)。

自担が大切な人だから大切。

ややこしいけど、シンプルでしょ?

そして当然ながら、

長野くんのこういうところいいな~♪

いのっちのココに惚れるわ♡

剛君のこれ、かっこよすぎてヤバいね!

健くんはファンの気持ちがもっともわかるアイドルだ!!

岡田くんの堂上最高かよ!?

などなど、それぞれのメンバーに対する萌えポイントもあるわけです。

だから大事。

大事だし好きだけど、やっぱり自担ありきなんです。

長々と述べましたが私は坂本昌行が好きだ

私の心のうちを長々と書き連ねましたが、2018年4月下旬の時点で私は坂本昌行が好きだというお知らせでした。

というか、誰も読んでないと思うけどね。

最近

ファンとはなにか?

私のファンとしてのスタンスはどうなってるのか?

と、ぼんや~りと考えることが多かったので、2回連続でこのような記事になりました。

でも、まだ続くかも( ̄ー ̄)ニヤリ

これからも書きたいと思ったことを、書きたいと思ったタイミングで書ければいいなと思います。

【2018年5月4日追記】

ファンの皆様の心情を思うと私の意見など軽々しく口にしたくはありませんが、驚きの事件が起こりました。

山口くん自身の記者会見も、TOKIO4人の記者会見も拝見しました。

こういうことがあると、好きな人を応援できることって決して当たり前のことではなくて

本当に本当にありがたく幸せなことだなとつくづく感じるのです。

【追記ここまで】

こちらもどうぞ☆

☆坂本昌行 ONE MAN STANDING 初日観劇で考えたこと 【OMS】☆

☆【2016ジャニーズ野球大会】坂本くんの背番号22番の謎とホームラン!☆

 

スポンサードリンク

関連記事

DSC_1450

東京グローブ座ホテルはココがおすすめ!プレミアホテルキャビン新宿

戸惑いの惑星を観に行ってから、戸惑いの惑星についてや東京グローブ座のお役立ち情報を書き続けており

記事を読む

DSC_6719

ナイツテイル-騎士物語-の感想!梅田芸術劇場にて【堂本光一】

2018年9月20日 梅田芸術劇場、通称梅芸のメインホールで上演中の KNIGHTS TAL

記事を読む

kurodagobyosho1

黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅~長浜編3 黒田御廟所~

2014年岡田准一さんが大河ドラマ 【軍師官兵衛】の主演となりました。 大河ドラマを見ている

記事を読む

DSC_1491

戸惑いの惑星DVD予約開始!お得にお安く買えるのは?トニセン舞台

いやぁ! とうとうきました! 坂本昌行さん、長野博さん、井ノ原快彦さん、トニセンだけの3人舞

記事を読む

DSC_6658

映画【検察側の罪人】を見ました!【感想】

映画「検察側の罪人」をみてきました。 木村拓哉さんと二宮和也さんが共演すると知ってから興味を持

記事を読む

DSC_6844

ジャニオタ絶賛!ジャニショフォト収納に最適な無印良品のアルバム

先日人生2度目のジャニーズショップ訪問で、坂本くんの写真を新たに3枚購入したことは、このブログで

記事を読む

Screenmemo_2014-09-11-20-34-39

【VS嵐】健くんバースデーにV6兄さん登場【こんな時に当落?】

いや~!! 待ちに待った今日、 2015年7月2日 我らが 三宅健くんの36歳の誕生日!

記事を読む

v6

【V6 20周年year】ライブツアー日程決定!!!【楽しみ~!】

キターーーーーーーーー(*゚∀゚*) いやっほ~いっっ。   いや、すみません。

記事を読む

dsc_1273

【映画】海賊とよばれた男を見た感想!評価良し♪出光頑張れ!

2016年12月10日公開 映画「海賊とよばれた男」を見てきました。 本当なら公開後のサービ

記事を読む

Screenmemo_share_2015-06-14-20-49-49

【音楽は太陽だ】今年もやります!ジャニーズメドレー【組合せ】

2015年の THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ。   に、私の大好きな

記事を読む

コメントを残す

IMG_20181015_111651
大人の山口旅行記!1泊2日のコース山口西部を中心に観光しました!

2018年10月14~15(日・月)と、念願だった山口県への旅行に

DSC_6844
ジャニオタ絶賛!ジャニショフォト収納に最適な無印良品のアルバム

先日人生2度目のジャニーズショップ訪問で、坂本くんの写真を新たに3

DSC_6827
梅芸で2度目のナイツテイル観劇!素晴らしいカンパニーでした

2018年10月11日(木曜日)。 9月20日から3週間ぶりに、

hand-nail-mandom
【ディズニープリンセス】ハンド&ネイルクリームがキュート♡

引用:https://www.mandom.co.jp/dearf

v6
博の日、もとい長野博さん46歳のバースデー!オメデトウ

ファンクラブの会員証、お願いだからカードにして!! (めっちゃ汚

→もっと見る


  • 人気ブログランキング

    旅とアロマとジャニーズと。。。時々ディズニーは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

    プライバシーポリシー
PAGE TOP ↑