MURDER for TWO終了から1週間…マーダーロス!

公開日: : 最終更新日:2016/06/21 V6(ほぼ坂本くん), ジャニーズ

IMG 20160527 113745 150x150 MURDER for TWO終了から1週間…マーダーロス!2016.6.12に世田谷パブリックシアターで

MURDER for TWO~マーダーフォートゥー~

が終了して一週間が経ちました。

 

さらに言えば、私が最後に観劇した大阪の千秋楽からはすでに3週間経過。

その間、新曲の発売もあり、たくさんの音楽番組も拝見しましたが…

私の心にはぽっかりと穴が開いて、すっかりマーダーロスの日々

日に日に薄れていく記憶を、支離滅裂に書き残しておこうと思います。

 

スポンサードリンク

マーダーロス…引きずってます

DSC 0347 500x281 MURDER for TWO終了から1週間…マーダーロス!このブログ、ここ数回の記事はマーダーのことしか書いていませんが、それくらいドハマりした公演でした。

ジャニーズや坂本くんのファンになる前から、ミュージカルや舞台は好きでよく拝見していたのですが、これほどはまった作品は初めてです。

(はまり方は作品によって千差万別ですが…)

 

どれくらいはまったかと言うと、これくらい↓

マーカスさんにいいね頂いちゃった♪

そう。ここにも書いた通り、「自分はもう観ることができないけれど、上演されていると言うだけで幸せな日々」でした。

日ごろツイッターなどほとんど見ないのに、公演終了後に流れてくるレポをチェックしてはニマニマする日々。

 

全体的な感想は2つ前のブログで書いたので、今回は、忘れたくないなぁ~って思う好きな所を支離滅裂に記録しておこうと思います。

そして時々思い出してにやにやするんだ再演の日まで!!

 

坂本昌行@マーダーフォートゥー 私的ツボ

周りはあんまり反応してないけれど、たまらなく好きだったり、周りはあんまり笑ってないのにめっちゃおもろいと思ってしまったりの私のツボを、順不同で私自身のために残します。もちろん周りの方々と同じツボもあります。

 

カクテルアンブレラ♪

ステフがマーカスに相棒の必用性を唱える時に例として出したカクテルアンブレラ(と言いながら肘鉄をくらわすポーズをとる)。これは、相棒だけがわかる2人だけの秘密の暗号なんですが、もうこの言葉尻がおかしくておかしくて、一人クスクス笑いをこらえていました。

しかも、ステフ@昌の言い方には最後に♪が付いてたよね?「カクテルアンブレラ♪」って。それを聴いたマーカス@松尾貴史さんの「……意味が解りません」みたいなやり取りがとにかくツボでした。なんかもう、語感が笑える。

でも、そんなカクテルアンブレラも、最後ステフがルーに羽交い絞めにされたシーンで、マーカスが「カクテルアンブレラ!」というきっかけを投げかけ、ステフがルーに肘鉄をくらわして事なきを得ます。ここに繋がるんだなぁ~としみじみ。

 

鍵を歯でキャッチ

ご覧になられた方ならわかると思いますが、マーカスが投げた車のキーをステフが歯でキャッチします。キャッチした鍵を、歯でピアノの上に落とすところまでが秀逸。見なきゃなんのこっちゃと思うでしょうが、見たらとても面白いです。もうなんていうか…ただただ面白い。

 

ピアノを弾く腕の筋

これは、坂本昌行さんとしてなんだけれど、下手側一番端の8列目から拝見するとピアノを弾くときの手首から肘までの腕の筋がガッツリ見えるんですね。その筋に萌えました。ええ、萌えましたとも。

 

So What If I Did?~それが何か?~がたまらなく好きすぎる

有名なプリマ・バレリーナであるバレットルイス。彼女の歌う「So What If I Did?~それが何か?~」が好きすぎる件。妖艶でセクシーで色気があって(←全部同じ意味だよね?うん知ってる)そんなバレットが歌うこの歌が、本気で好きすぎました。大阪千秋楽のマチネでは、「これがあと一回聴けるなんて神!」とか訳の分からないことを感じながら聴いていました。

因みに公式(本場の)がUPしてるYoutubeの映像を拝見しましたが、ここだけの話…断然マサの方がいい!本家の方はもうちょっと軽いというか明るいというか、坂本くんが演じたバレットのような妖艶さが感じられなかったです(映像が短かったからかも)。

ただ、これらからわかるように、本当に10人を個性的に演じ分けていたんだなぁ…と実感します。一人で演じてること前提でお客さんに「わかってね!」というのではなく、本当に10人が演じていたと感じさせられるほどでした。

 

マーカスが耳に髪をかけさせるところがたまらなく好きすぎる

物語の終盤、誰だったかは失念してしまったのですが(ダーリアだった?)、その相手ではなくステフを登場させるために、マーカスが坂本くんの両手を手に取って、髪を坂本くん自身の耳にかけさせてステフを登場させるシーンがあったのですがこれがたまらなく好きすぎる。とてもいい感じの2人。

このときの変身は、動きの違いではなく髪を耳にかける仕草と、坂本くんの表情の変化だけで表現されたのですが、これがもう「恋する乙女」な顔をしていてキュンキュン(坂本くんとしてではなく、ステフ良かったね!というキュンキュン)しちゃいました。マーカスもとっても愛おしそうな表情してて、ほんと良いシーンなんだよなぁ…

何度も言うけど、おっさんふた…いや、いい、なんでもない。

 

二人の共同作業「ヴァネッサ」も見どころ

マーカスのトラウマである元パートナーのヴァネッサと、彼女を尋問する警察署長。マーカスの過去を再現するために、声は松尾さん動きは坂本くんで演じます。この二人の共同作業も見ものです。ヴァネッサの狂気、激しさ、魅力的なところなどがめちゃくちゃ伝わってきます。

ヴァネッサが人を殺してバラバラにしちゃったことを表すシーンとして、トランクのふたが開いたら中からぶつ切りにされた手や足が出てくるのですが、パンフレットの稽古写真に載っていたのでびっくりしなかったです。これパンフに載ってなかったらびっくりしただろうな。と思う。

 

マレー&バーブの歌も好き

始まってすぐにダーリア夫人が出て歌ったので、「あ、今回は坂本昌行なミュージカルソングは聴けないな。」と思いましたが、ありました( ̄ー ̄)ニヤリ!

マレー&バーブの歌で夫であるマレー(だよね?)の歌声が、坂本くんの歌声に一番近いんじゃないかな?

ピアノも力強くって(腕の筋もくっきりで!←変態)、歌声も力強くって、インパクトあってテンポも良くてとても好きでした。かっこいい………。。。。

 

こっそり指笛を吹くマサ

初見が一番端っこの下手だったので、ルーが逃げた時に窓からルーを目線で追うマーカスとステフを斜めに見ておりました。

何かあったら口笛で合図してくれと言われていたティミー・ヨンカーズ・スキッドに、マーカスが指笛を吹いて合図するのですが、その瞬間ステフがマーカスの後に屈んで指笛をピューーーーーーー!

あら!きれいに鳴ったわ。これ、坂本くんが吹いてるんですね。(まさか隠れてまでフリだけってことはないよね?)

これを見た瞬間、この人ってほんとなんでもやるんだな~。と素になって感心した。いや、本当は「なんでもできる」と表現したほうがいいのですが、かっこよすぎて悔しいので、あえて「なんでもやるんだなー」の表現にしたツンデレをわかってください。

 

「まだあたし!」

バレットかと思いきや…「まだあたし!」とステフ登場。このくだり、何度かあるけれど大好きでした。「わたし」じゃなくて確実に「あたし」っていってるよね?よね?よね?

 

最後のシーンは神過ぎた!

ね?あなたもそう思うでしょ?最後のシーン。

実は1回目見た時は、物語の終盤前の列の方が出たり入ったりされていて、更に忘れ物されたりでわちゃわちゃしてて、最後のシーンの印象が無かったんです。

で、大阪千秋楽のマチネで最後のシーンをしっかり見ようと思っていたら…

二人ピアノからスクっと立ち上がって、こちらに向かって手のピストルを発砲!

ズキュン!死んだ。その瞬間あたくしの恋心は死にましたとさ。いや、うそ。まだ生きてる生きさせて。なぜならまだソワレがあるから。

でも、ほんとかっこよかった。あの瞬間は間違いなく「サカモトマサユキ」だった。うん。そう思う。ありがとう。拝みます。

 

このロス、どうすればいいの?

多分ここに書いた以外にも、後から後からぽろっと思い出して「そうだったーーーー!」とか思っちゃんですよきっと。

はぁ。思い出すと楽しかったな、面白かったな、と思う作品。フランケンもかなりの衝撃を受けましたが、ひとつの作品をここまで引きずったのは初めてです。

マーダーやマーダーに関わることはすべていい思い出で、当日劇場でほんの少し言葉を交わした方々はもちろん、森ノ宮キューズモールですら愛おしい!←いや、まじで。

 

実は、大阪のマーダーが終わったら、ヒメアノ~ルを見に行く予定でした。ところが翌週はマーダーロスでぽっかり心に穴が開いて、気づけば1週間経過。さらにその次の週も、東京から流れてくるレポににやにやで1週間経過。先週は仕事が忙しくって1週間経過。

来週やっとヒメアノ~ルを見に行く予定です。

 

V6の新曲も発売になって、雑誌やテレビなどを拝見しつつも、まだ心に穴が開いたような感覚。新曲も特に「不惑」が大好きでよく聞いているんですがね。

 

ファンクラブに入ってから唯一あったV6のライブが昨年で、チケット全滅だったのでまだV6のライブは見たことが無いんだけれど、今年はみんなの個人活動で舞台や映画を楽しませてもらっているので、これはこれで楽しいです。

この先の予定は、来週のヒメアノ~ルと8月の剛くんの「ビニールの城」。舞台好き、ステージ好きとしては今年の活動は本当に嬉しく贅沢!

夏以降の予定が気になるところではありますが…。今の率直な気分だと、V6のライブも嬉しいけれど、ここはひとつトニセンとカミセン別々のライブでもいいかな?なんて感じてもいます。

もちろんいつかV6全員のライブは見たいのですけれどね。

 

夏以降、秋以降のアナウンスもきっともうすぐ聞こえてくると思います。マーダーロス、マーダーロスなんていつまでも言ってちゃいけませんね。私も次に向かって頑張らねば。

これにて、一旦私のマーダーは終了です。

でも、心から再演を期待しています。また板の上であのお二人に会える日を楽しみにしています!

 

関連記事

☆【坂本昌行×松尾貴史】マーダー・フォー・トゥー5月27日観劇の感想!☆

☆【2016ジャニーズ野球大会】坂本くんの背番号22番の謎とホームラン!☆

☆坂本昌行 ONE MAN STANDING 初日観劇で考えたこと 【OMS】☆

 

スポンサードリンク

関連記事

1_wedding

アイドルの結婚と集客力

先日、堂本光一氏と井上芳雄氏、神田沙也加氏の「ボクらの時代」を見ていると結婚の話題になりました。

記事を読む

DSC_0516

【森田剛・宮沢りえ】ビニールの城観劇!【ネタバレなし】

2016年8月9日 14:00開演 主演:森田剛の ビニールの城 を観劇しました。 &nbs

記事を読む

hardasennmonka

行列 三宅健くんのパ紋と原専さん

今日は、行列のできる法律相談所に V6の三宅健くんが登場しましたね。   つい先

記事を読む

yayoi-nannbann

東京グローブ座でのランチ女性一人におすすめのお店はココ!

引用:やよい軒 公式サイト 先日東京グローブ座で上演中の、トニセン舞台(TTT)戸惑いの惑星

記事を読む

1_heart

トニセンのネクジェネ恋のお悩みテレフォンが好きじゃなくなった件

久しぶりのジャニーズネタです。 というのも、先日久しぶりにトニセンのラジオ「ネクストジェネレー

記事を読む

DSC_6827

梅芸で2度目のナイツテイル観劇!3階5列目からの見え方も♡

2018年10月11日(木曜日)。 9月20日から3週間ぶりに、梅田芸術劇場で上演中のナイツテ

記事を読む

DSC_3858

映画ラストレシピ~麒麟の舌の記憶の感想!心に響く素敵な人間ドラマ

  2017年11月6日。 映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」を観に行きました

記事を読む

adomati

【いのっち】アド街ック天国の新司会がV6井ノ原快彦さんに決定!

ここ最近、V6で嬉しいお知らせが 一挙に押し寄せてきています!   その中の一つ

記事を読む

DSC_1452

【戸惑いの惑星】感想☆ネタバレあり【トニセン舞台坂本長野井ノ原】

2017年1月26日(木曜日) トニセン舞台、TTT(TWENTIETH TRIANGLE T

記事を読む

ongakunotikara

音楽のちから ジャニーズシャッフルメンバー&曲+グループ曲 まとめ!

7月12日 12時~22時54分 合計11時間の音楽番組! 日本テレビ  【THE MUS

記事を読む

コメントを残す

fns2018
【V6】SuperPower&Darling白いお衣装に萌えた夜【FNS歌謡祭】

2018年12月12日。 脱・ジェリー 坂本くん復活 ………

Frankenstein
東山紀之×坂本昌行【フランケンシュタイン】観劇後の感想

ここ数年すっかり忘れ去っていたのですが、先日ふと思い出して昔書いて

DSC_7509
【TOPHAT】東京・大阪公演!梅芸ランチ等観劇旅行記覚書きメモ

TOP HATの記事をいくつか書いてきましたが、これで最後(かな?

DSC_7761
坂本昌行主演「TOPHAT」の感想公演終了後の想いをつらつらと…

2018年12月5日 ミュージカル「TOP HAT」の日本公演の大千

DSC_7724
坂本昌行主演TOPHAT!梅芸初日の感想と3階での見え方について

坂本昌行さん主演、ミュージカルTOP HAT。 2018年12月

→もっと見る


  • 人気ブログランキング

    旅とアロマとジャニーズと。。。時々ディズニーは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

    プライバシーポリシー
PAGE TOP ↑