スポンサーリンク

黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅~東京編5 亀戸めぐり~

ジャニーズ

kurodakanbee 150x150 黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅~東京編5 亀戸めぐり~

2014年岡田准一さんが大河ドラマ

【軍師官兵衛】の主演となりました。

大河ドラマを見ているうちに

官兵衛ゆかりの地や岡田官兵衛の

足跡をたどってみたくなりました。

2014年4月の兵庫に続き

6月は東京へ。

ゆかりの地ではなく、イベントです。

 

東京編で官兵衛に関連があるのは

1.NHKスタジオパーク1

2.NHKスタジオパーク2

4.江戸東京博物館

となります。

スポンサーリンク

黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅~東京編5~

黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅~東京編4 江戸東京博物館~

の続きです。

 

さて、今回東京旅行をするにあたり

ちょうど母がテレビで見た

【亀戸】に行ってみたいといいました。

 

亀戸…

どこかで聞いた…

あっっ!

ミュージアム!!

(坂本商店のこと。ラジオでいのっちがそう表現してた笑)

 

江戸東京博物館から徒歩30分ほどで

回るにはちょうどいい。

 

ということで、亀戸巡り決定!

 

まずはこの空腹を満たそうと

調べておいた、甘味処。

船橋屋

funahasiya 黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅~東京編5 亀戸めぐり~

(写真は公式サイトよりお借りしました)

 

こちら、江戸文化二年創業とのこと。

今から209年まえ。

 

将軍で言うと、徳川十一代将軍

徳川家斉将軍の時代。

 

我が愛する徳川家定さんよりも前。

(愛しているのは、堺家定だけど)

即ち、天璋院篤姫が江戸に入るより

さらに前に創業したのですねぇ。

 

江戸甘いもの番付で横綱に輝いたそう。

江戸東京博物館でも見ましたが、

当時はいろんな番付があったんですね。

 

他の甘味にも興味深々でしたが

やっぱり最初は名物でしょう。

で、これ

kuzumoti 500x281 黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅~東京編5 亀戸めぐり~

くずもち@545円

弾力があって、黒蜜、きなこが

濃厚で、美味しかったです。

 

がっっ!

透明で、ペロリとしたものを

想像していたので、驚きました。

 

いやいや、調べた時に写真は

見たはずなんですけどね(^◇^;)

 

お腹も満足して、次に向かうは

船橋屋さんのすぐお隣。

 

亀戸天神社

管原道真公をお祀りする

下町の天神さんです。

kameidotenjin 281x500 黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅~東京編5 亀戸めぐり~

 

季節によっては、梅や藤、菊が

きれいだそうですね。↓↓

 

亀戸天神社公式サイト

 

こちら、社の奥に

スカイツリーが望めます。

 

敷地も広く、澄んだ空気が

流れていて、本当に心地よい場所

でした。

 

また、伺いたい。。。。

 

そして、いよいよミュージア…いえ

坂本商店

いのっち、ナイス命名。

お店には、ファンの方の手作りの

品々などが、盛りだくさん!

 

お店の場所は、亀戸天神社から

ほんの数分。

 

こそっと訪れて、こそっと買い物して

こそっと帰ろうと。

シャイなので←殴ってもいいけどホントの話

 

角を曲がって、坂本商店の看板が見え

わーーーーっっ

と、緊張しつつ、店先の大特価品

目を奪われ、マジ買い

 

だってこれ250円安くない?!

sakamotoshoten 500x281 黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅~東京編5 亀戸めぐり~

この日、車で帰宅予定だったので

思い切って、生フルーツ購入。

 

後半ずっとさくらんぼを持って

観光笑。

 

翌日いただきましたが、

とっても美味でした(*´∀`*)

 

こそっと買い物したので

あまりじっくり見られませんでしたが

坂本昌行くんはここで育ったん

だねぇ。としみじみ。

 

お母様(多分)はハリのある

いいお声の方でした!

 

さて、お次。

母の希望で

亀戸餃子

スマホの地図機能って

ほんとありがたい。

 

知らない土地でもサクサク。

 

こちらも、亀戸を調べていたら

よく出てきたお店。

kameidogyuza 黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅~東京編5 亀戸めぐり~

椅子に座ると

飲み物を聞かれます。

 

このあと、ロングドライブなので

ビール断念…

水で…。。。ヽ(;▽;)ノ

 

ひと皿5個の餃子@250円

一人ノルマは2皿です。

2皿で500円。

 

座ると勝手に出てきます。

飲み物聞かれて

  ↓

からしとタレの小皿が出されて

  ↓

餃子がきます。

 

ひと皿食べ終わった頃に

もうひと皿。

 

なくなりかけで、おかわりを

聞かれます。

テイクアウトもここで注文。

 

私たちはくず餅も食べていたので

2皿でごちそうさま!

 

あのね~。

もうね~。

本当に美味しかった。

 

母に至っては、

この人生で一番美味しい餃子

とのこと。

 

64年目にして、亀戸で出会う。。。

深いね。

 

江戸に思いを馳せながら

甘いもの食べてみたり、

商店街を歩いてみたり

亀戸天神で澄んだ空気を体験したり

駅前のごった返しや

亀戸餃子。

 

あぁ、マサはここで育ったのね…

(本日2回目)

 

と、なんかね~。

歩いてて、楽しかった。

 

ここで育てば、

あんなにスタイル良くなるの?

とか思ってみたり。

 

たまたま母が

『テレビで見た、亀戸行ってみたい』

と言ってくれたから来てみたけど

ほんと、いい一日でした。

 

黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅

番外編!坂本昌行をめぐる旅 

になっちゃった(ノ∀`)テヘ

 

いや?

まだ今日は終わってないぜ。

 

ここからもう一つの目的

東京スカイツリーへ向かいます!

 

つづき:
 
→黒田(岡田)官兵衛をめぐる旅~東京編6 東京スカイツリー~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました