坂本昌行WOWOWトニー賞オープニング映像が想像以上だった件

公開日: : 最終更新日:2018/06/14 V6, ジャニーズ

v6 坂本昌行WOWOWトニー賞オープニング映像が想像以上だった件

いやぁ。

何から、どのように表現すればいいのでせうね。

2018年の第72回トニー賞授賞式。

今年もWOWOWさんで生中継がありました。

そして数々のミュージカルや授賞式の模様はもちろん楽しみなんですが、私的超目玉はやっぱりなんといっても坂本昌行氏のオープニングパフォーマンス

これが想像を絶するかっこよさで、リピートしたい気持ちとキリがないという気持ちが昨日からせめぎ合っております。

頭の中はぐちゃぐちゃですが、いつか読みかえず自分のために記録しておこうと思います。

 

スポンサードリンク

トニー賞授賞式 直前SP in NY

トニー賞授賞式に先駆けて、前日には直前SPが放送されました。

坂本くんのオープニング映像を撮るためのNY滞在とその様子や、井上くんの関係者への聞き込み(いや、取材)、生田さんの歌唱レッスンの模様などが放送されました。

また、その模様をさらにチラ見せするように放送してくれた、フジテレビのめざましテレビが放送された際にはこのような気持ちをブログに記しています。

稽古場のシーンでは、「もしかして想像していたよりも、ダンスシーンが少ないかもしれない」と感じました。

ただ、稽古場での楽しそうな姿充実感がビシバシ伝わってきて、きっといいものが出来たんだなと確信しました。

因みにその時の心境はこちら↓

だってさ~

坂本くんが、日本に帰りたくないなんて言うもんだから(笑)。

もちろん、坂本くんがNYに行ってしまっても応援しますよ?

でもさ、日本に居ながらにしてブロードウェイの舞台に立ってる人もいるわけで。

渡辺謙さんとか米倉涼子さんもそうだよね?

なので、個人的には日本に居ながらにして目指していただければ……とか思ったりもします(;´∀`)。

でも、もし本当に行っちゃってもずっと応援するけどね。

トニー賞授賞式 オープニングムービー

さて、当日8時きっかりに放送が始まりました!(←当たり前)

赤いバックに坂本くんのシルエットからスタートです。

ん?

想像と違うぞ?

と思っていたら!!!!

いやぁ~なにこれ、PVじゃん。

坂本昌行 in NYのプロモーションビデオじゃんっっ。

みたいな。

最初は何?何?何?

え?あのシーンも、こんな感じでオープニングに使われるの?

と、感動と驚きでいっぱいでした。

ブロードウェイの街中を歩いている姿や地下鉄のホームの撮影シーンも直前SPで見てはいたのですが、曲中の映像として使われるとは思っていなかったので。

映像による期待感、それに合わせるように楽曲も最高潮に盛り上がったところでの群舞。

いやぁ、最高です。

ほんと、私の想像をはるかに、はるかに、はるかーーーーーに超えた素晴らしい映像でした。

もちろんその後のスタジオパフォーマンスもステキ。

でも私の中に強烈なインパクトを残したのは、やっぱりオープニングムービーでした。

トニー賞授賞式をみてつらつらと思った独り言

トニー賞授賞式を見てて、つらつらと思った独り言を順不同で残しておきたいと思います。

外では噛まない・戸惑わない!

坂本くんは常々「注目されると緊張する」と言っていますし、発言でもよく噛んでしまいます

が!

これはあくまでもメンバーでいるときだけだよな…って前から思ってました。

むしろに出たら、求められていることに対してきちんと的確に答えてるんですよ。

このブログ記事にも書いたような気がしますが、外に出た時に人見知り発動するのって健くんの方じゃないですかね?

(以前、堂本兄弟に出たのを見たときにも思った)

トニー賞も長丁場でフリートーク(坂本くんだけ台本ナシだし)するシーンがたくさんありましたが、どれにもきちんと自分の思ったことを答えてらっしゃって。

そりゃ、芸歴場数を考えたら、当然と言えば当然なんですけど、あまりにも普段「トークは緊張する」「よく噛む」キャラを作っている(作られている?)ので、毎回しみじみと「こんなにちゃんと喋るじゃん」と思ってしまいます(笑)。

そこがまたいいんですけどね。(こういった場面でもしどろもどろだったら、見ててちょっとツラいし(笑))

ミュージカルがほんっとうに大好きなんだなぁ♡

別に今回新たに気づいたわけではありませんが、坂本くんってミュージカル大好き♡っていうのがビシバシと伝わってきますね。

前回の直前SPも、今回の直前SPも、舞台を見終わった後のだったり、舞台に関してをしている時だったり、本当に好きなんだなぁと思います。

もちろんどのお仕事にも差別(区別?)をつけず、全力で取り組んでいるとは思いますが、魂から好きって感じがするんですよね。

そんな大好きなミュージカルに携わるお仕事をしている姿を見られるのは、私としてもとても幸せです♡(←モイキーだった?ごめん)

変なくくりは要らなくない?

私のツイートになるのですが……

実は昨日みなさんのツイートを見ていたら、「王道のミュージカル俳優でやってほしかった」というものを見かけまして。

「坂本くんも生田さんも悪くないんだけど」という前置きがあり、特別悪意も感じなかったし私もただ純粋に疑問に思っただけなのですが、

「王道のミュージカル俳優」の定義って何?と思いました。

その方は複数の俳優さんの名前を挙げておられ、「ミュージカルの人気も高まってきたのだから、ジャニーズや乃木坂(その方はAKBって書いてましたが多分乃木坂のことかと)を引っ張ってこなくても視聴率はとれるはず」と締めくくっていました。

この方は、どんな定義でミュージカル俳優とカテゴライズしているのだろうか?

井上くんのように「ミュージカル俳優です」と名乗っている人なのか?

ミュージカル俳優が多く所属する事務所の人なのか?

劇団四季などの舞台出身者なのか?

宝塚出身者はどうなの?とか。

昨日も授賞式に出演されていた浦井健二さんは、聞くところによると戦隊モノのご出身だそうでそれならミュージカル俳優には入らないのか?とか。

出演したミュージカルがきっかけで、読売演劇大賞優秀最優秀を受賞された中川晃教さんは、肩書はシンガーソングライターになってるし。

てか、坂本くんも読売演劇大賞で優秀賞受賞してるし

私の勝手な憶測ですが、このツイートをされた方は、劇団四季出身・戦隊モノでも浦井くんはOK、歌手でも中川さんはOK

同じ歌手でも西川貴教さん(巻き込み事故でごめんなさい)はミュージカルに出演していても「王道」には入らないだろうし、元宝塚も違うって思ってるんじゃないかな?

ってなればよ?

結局のところ、好みの問題なんだよね~。と思うわけです。

ミュージカル好きな自分が見て好きな人(いいと感じられる人)は、王道のミュージカル俳優。

そうじゃない人はミュージカルに出演していても、ミュージカル俳優ではない。

ってことなんじゃないかと。

こんな変な括り(くくり)、こだわりって誰特になるんだろう?

ツイートした人が認める「ミュージカル俳優」という括りをもつことで、ミュージカルが今よりもっと発展するのか?

井上くんを始め、堂本光一くんも、もっと日本のミュージカルを発展させたいと言っていました。

彼女からすると光一君もミュージカル俳優ではありませんが、ミュージカルを発展させたいという気持ちは同じです。

だったらその括り要らなくない?と思ったわけです。

これを書くと要らぬ不愉快をばらまきそうなので、Twitterなどでつぶやいたことはないのですが……

実は私は今ミュージカル界のスターと言われている人たち(特定のひとりだけではなく数名いらっしゃいます)の歌を、スキ!! (・∀・)イイ!!と思ったことがありません(笑)。

「高い歌唱力を持ち」と紹介されていても、好みでないものは好みではないのです。

中には歌を聞いた後、「え?歌評価されてる人だよね?」と、その方の評判をネットで探してみたりしたこともあります(笑)。

ただ、だからと言ってヘタだとは決めつけませんし、その人の歌が好きな人をおかしいとも思いません(←当たり前ですが)し、ミュージカル俳優ではないなんて到底思いもしません

また、大昔に舞台で見ただけ、もしくは今現在テレビで歌っているのを聞いただけの人もいますし、成長されてから(主役を張るようになってから)の歌を舞台で聞いたわけではありませんし、結局のところ好みの問題だと思うから言わないだけなのです。

言われたら反論したくなる人もたくさんいるだろうし、逆の立場だったらハラたつだろうし(笑)、わざわざ不特定多数が見れるところで言わなくてもいいじゃないと自分自身でも思うからです。

今回は「結局は好みの問題」という話題になったことと、ブログというTwitterに比べればはるかに興味がない人の目に触れない場所であることから言及しましたが。

 

世間には「アイドルだからお役をいただけた」という事実も確かにあると思います。

でも、個人を見て判断してほしいなぁと思いました。

(ま、今回このツイートをされた方は、坂本くんと生田さんの歌を聴いて「悪くない」という程度の評価に落ち着いたのでしょうが(;´∀`))

さらにこのツイートでちょっとヤだなと思ったのが、「ミュージカル俳優を出しても視聴率がとれる」と書かれていたこと。

ということは何かい?

坂本くん、生田さんは、これまでのミュージカルでの実績を評価されたのではなく、視聴率がとれるから選ばれたのかい?

とひっかかりました。

そこまで考えてのツイートではないのでしょうが、とにかく2人や2人のファンに対して悪意はないものの、自分の好きなミュージカル俳優さんよりはるかに下に見ていることはしっかりと感じられました(汗)。

坂本くんのトニー賞の感想だなんていいながら、この部分を一番熱く語ってしまいました(;´∀`)

たった一つのツイートではありますが、常々思っている「結局は好みの問題だよな」再確認する出来事だったので記しておこうと思いました。

TOP HAT も超楽しみ♪

今回のオープニングパフォーマンスも、私の想像以上だったと言った通り、ワタシは坂本くんの舞台を見るといつも「想像よりもっと良かった」と言っていることを思い出しました。

決して想像がへなちょこなわけではないと思うのですが。

TOP HAT の主演が発表されて早1カ月。

半年も先~!と思っていたら、あっという間にあと5カ月です。早い早い。

TOP HATでも、きっと私の想像をはるかに超えた素晴らしい舞台を見せてくれるはず。

ますます楽しみになりました♡

 ↓ きっかけは平家派ですが、私が坂本くんに墜ちたDVD

こちらの記事もどうぞ

☆トニセンDVD【HONEY HONEY HONEY初回限定】の率直な感想!☆

☆【戸惑いの惑星】感想☆ネタバレあり【トニセン舞台坂本長野井ノ原】☆

スポンサードリンク

関連記事

DSC_0042

岡田准一主演【エヴェレスト神々の山嶺】感想とエヴェレスト衣装

2016年3月12日公開 岡田准一主演の映画 「エヴェレスト神々の山嶺」 を見に行ってきま

記事を読む

v6

【V6】SUPER Very best シリアルナンバー特典発表

2015年7月29日発売の V6 ベストアルバム SUPER Very best に、今回も

記事を読む

DSC_2017

トニセンDVD【HONEY HONEY HONEY初回限定】の率直な感想!

私には以前から気になっていたDVDがあります。 それは、 20th Century LIVE

記事を読む

007

【しゃべくり007】岡田准一くんご出演 【2014年10月6日】

2014年10月7日 しゃべくり007 (しゃべくりセブン)に V6 岡田准一くんご登場~

記事を読む

calbeeplus

【完全独り言】ふとした瞬間に思ったこと…【一人ごちて】

    カルビープラスのロイズのチョコかけポテチ、また食べたいなぁ。。。

記事を読む

DSC_2927

【24時間テレビ】チャリティーシャツ発表!V6【ヒルナンデス】

2015年の24時間テレビ チャリTシャツが 本日2015年6月9日 東京汐留の日テレ

記事を読む

DSC_1345

【AGF】コーヒー買ってV6クリアファイルお店のまとめ【ドリコレ】

AGFのドリコレのCMに V6が登場する日が近づいて まいりました。   AG

記事を読む

DSC_6658

恋をするなら坂本昌行!自担の破壊力はやっぱり桁違いだと実感した日

発売日の翌日、連日の雨の日を上手に避けて我が家にも届きました。 え?何がって? 恋をするなら

記事を読む

IMG_20150620_121319

【V6】LIVE TOURタイトル&ロゴ決定とイベントに思うこと

2015年のV6のライブツアー。 V6の20周年記念ライブの ツアータイトルとロゴが 決定&発

記事を読む

news

【あけおめ】私的2014年V6*10大ニュース1【ことよろ】

2015年! 新年あけましておめでとうございます。   昨年は、多くのみなさんに

記事を読む

コメントを残す

DSC_6733
【近畿道の駅】道の駅宮津&天橋立~目指せ!全国制覇~【京都】

2018年9月23日(日曜日) 3連休の中日という「もっとも混雑

DSC_6719
ナイツテイル-騎士物語-の感想!梅田芸術劇場にて【堂本光一】

2018年9月20日 梅田芸術劇場、通称梅芸のメインホールで上演

DSC_5286
4月の花フェスタ記念公園はネモフィラ畑が幻想的☆【画像あり】

花フェスタ記念公園は4月になるとネモフィラがとってもきれい! 写

DSC_6658
恋をするなら坂本昌行!自担の破壊力はやっぱり桁違いだと実感した日

発売日の翌日、連日の雨の日を上手に避けて我が家にも届きました。

DSC_6658
映画【検察側の罪人】を見ました!【感想】

映画「検察側の罪人」をみてきました。 木村拓哉さんと二宮和也さん

→もっと見る


  • 人気ブログランキング

    旅とアロマとジャニーズと。。。時々ディズニーは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

    プライバシーポリシー
PAGE TOP ↑